連盟概要

所属チームデータ
参加のお申し込みなどお問い合せはこちら

HOME > 連盟概要 > 連盟規約

連盟規約

※連盟規約・大会規定のプリントアウトはこちら(PDF294KB)

第1章 名称及び事務局

第1条 本連盟は、全大阪早朝軟式野球連盟と称し事務局を下記におく。
〒541-0053
大阪市中央区本町4-5-3 大和本町ビル
TEL/06-6262-3535 FAX/06-6262-1919

第2章 目的及び事業内容

第1条 本連盟は、野球活動を通じて健康な心身の保持増進と、相互の親睦を図ることを目的とする。また、その目的達成の為に次の事業を行う。
1.連盟所属チーム間におけるリーグ戦・トーナメント戦の開催。
2.役員会及び代表者連絡協議会(以下、協議会という)の開催。
3.その他、必要と思われる事業。

第3章 加盟資格

第1条 本連盟への加盟資格は、大阪市内に在勤、在住の18歳以上の者が選手または監督として1名以上チームに所属していることを条件とする。(高校生を除く)

第4章 連盟会員の義務と権利

第1条 本連盟は、第2章第1条の目的に賛同し加盟を許可されたチームをその会員とする。
第2条 会員は、本規約に則って活動すること。また、第9章に定められた年会費を滞りなく支払うことを義務とする。
第3条 会員は、本連盟の決定に疑問並びに不服がある場合には、事務局にその旨を申出てその裁定をうける権利を持つ。

第5章 役員会

第1条 本連盟は、次の役員をおき役員会を構成する。
会長、副会長、事務局長、総務部長、経理部長、審判部長を各1名と理事2名及びその他運営委員若干名。
第2条 役員は、本連盟の趣旨に賛同し運営に積極的に参加する意思のもと、役員会の互選によって選出され、協議会によって承認される。
第3条 役員の任期は1年とする。但し、再任を妨げない。
第4条 期間中、役員に交代が必要な事態が発生した場合は、役員会を開催し審議により直ちに新役員を任命する。

第6章 代表者連絡協議会

第1条 協議会は、各チームの代表者と役員から構成される。
第2条 協議会は、加盟チームの過半数の代表者の出席をもって成立するものとする。
第3条 協議会は、大会開始前、期間中、終了後の計3回を定例会として開催する。
但し、役員会の決定により必要な場合には臨時で開催する。
第4条 協議会は、次の事項を決議する。
1.役員の選出及び役員交代の承認。
2.当該年度の大会開催要項案及び運営規定案決定の承認。
3.予算案決定の承認。
4.決算の承認。
5.新規チームの審査と加盟許可。
6.試合中の諸問題に関する裁定、または問題行為を起こした場合の個人並びにチームに対する処罰決定の承認。
7.その他、本連盟運営上に必要と思われる事案の決定と承認。

第7章 諸案の決定

第1条 役員会、協議会の決議事項以外の諸案の決定は、出席会員による過半数以上の賛成で可決するものとする。但し、各チーム1名とする。

第8章 リーグ戦

第1条 リーグ戦の運営については、大会運営規定に基づいて行う。
第2条 大会は、Aリーグ・Bリーグに分かれて、年間2回ずつの総当り戦を行い、当該年度の大会規定に定める勝ち点の合計により、年間の順位を決定する。
第3条 Aリーグ・Bリーグは以下のように決定する。
1.Aリーグで前年度通算順位が最下位であったチームは、Bリーグに所属する。
2.Bリーグで前年度通算順位が第1位であったチームは、Aリーグに所属する。
3.新規加盟チームに関しては、Bリーグに所属する。但し、当該チームの合意があり、かつ協議会にて承認されればこの限りではない。

第9章 年会費

第1条 本連盟に加盟するチームは大会運営費として年会費100,000円を支払うものとする。
年会費のうち20,000円は供託金とし、大会前協議会、開会式、大会中間協議会及び閉会式への参加義務を果たすことにより年度末にチームに還付される。但し、大会期間中に罰金行為が発生した場合は罰金を除く金額のみ還付される。また、試合毎のグラウンド使用代金、試合球代金はこの年会費に含む。

第10章 加盟・脱退

第1条 第3章第1条の条件を満たし、本連盟の趣旨に賛同し、本規約を遵守するチームであれば加盟を申し込むことが出来ることとする。
第2条 加盟は、協議会の決定をもって許可するものとする。
第3条 脱退は、本連盟事務局に申し出ることにより許可される。但し、一度支払われた年会費はいかなる理由があろうとも返却はされない。
第4条 連盟の規約を度々無視し、目に余る行為が行われた場合は、協議会の裁決により除名することができる。

以上を本連盟の規約とする。

平成27年12月7日 全大阪早朝軟式野球連盟

ページのトップへ